【最強の流儀 最強の掴み方】

使命とは命を使い、何かを成す全てのことを指す。

大なり小なり、全ての戦いがあるとして、

1️⃣あなたが負けると思うなら負ける。勝てると思うなら勝てる。あなたがどう考えているか?それは人生に現れる。結果を見れば人物が見える。美容師で言えば、髪を切る前から良い感じに出来る保証はない、そんなことを思ったり、言ってしまう奴に誰も自分の命を預けない。そういうことだ。

2️⃣準備こそ勝つための最強のエッセンスになる。戦いは、あなたが負けを認めるまでは終わっていない。あなたが負けたと諦めた瞬間に終わる。それだけだ。24時間、来る日も来る日も徹底的に力をつける努力をすればいいだけのことだ。サボりや甘え、怠けは己に負けている。己に勝てないようで奇跡は起こせない。やるべき全てをやってきたなら、負けることがない。どれだけ劣勢になっても、必ず、どこかで状況をひっくり返すだろう。やるべきことをやってる奴は戦いながら突然変異する。戦いながら進化する。それが出来るのは日頃の努力と必ず勝つ、その気持ち、意識が全てを決める。

3️⃣何かに挑戦をしたら、その過程、結果を掴む中でたくさんのものを失う。ただ、事実あることは何もやらなくても、何かを失っていく。つまり、どの道を走っても何かを失うものだ。そうなったら時間は戻せない。あなたは事実を受け止めるしかない。つまりだ…それでも負ける方をとるのか?

本当の的は羊の皮を被った悪魔や凶悪な奴らではない。負けるかもしれないとか、やられても理由をつけてやり返せない、弱いあなたの心が1番問題だ。どうでもいい戦いなら、100歩譲って負けてあげたらいい。ただ、絶対に負けたら駄目、そんな戦いは生きてる中で必ずある。もしあなたが奮い立てないなら、覚醒する、もしくは無理矢理でも心を燃やすべきだ。それくらい、目醒めること、覚醒することが大事だ。やられっぱなし、支配されっぱなし、やりたい放題やられて、戦えないような腰抜けになるために生まれてきたのか?

世界中が絶対に勝てない、無理だと言っても、結果を覆せ!覆せば、やっぱり奴は違う…そうなるのが世の中だ。もし、肝心な場面、あなたのボスが怖気付いて戦わない奴なら、あなたはそれでもついていくのか?俺ならいかない。そいつは勝てる相手としかやらない。つまり自分より強い相手だと下につく、逃げるだろう。仲間を守らない。それに気づくべきだ。

勝てる見込みのない奴でも、何とかして、食らいついてボロボロになってでも勝ってみろ。あなたも人生も景色も全てが変わる。それが本当のカッコ良さだ。